妊娠線が出来なかった私の、妊娠線の予防方法を紹介

妊娠線は一度できてしまうと完全に消えないので予防が大事

妊娠線の予防方法 : 妊娠線の治療や予防

妊娠線は一度できてしまうと完全に消えないので予防が大事体重増加に注意し一般の保湿クリームで入念にケア保湿ケアのおかげで妊娠線を作ることなく出産を迎えられた

妊娠してから私が最も気を遣ったのが、妊娠線対策です。
妊娠線はお腹周りに出来やすく、スイカのようにひび割れてしまうイメージを強く持っていました。
しかし自分が妊娠したことをきっかけに調べてみると、妊娠線が出来やすいのはお腹周りだけでなく、二の腕・バスト・ヒップ・太もも・足の付け根にも出来やすいとのことでした。
意外にも全身に出来やすいことや、一度できてしまった妊娠線は完全には消えないことを知り、何としても予防したいと思ったことを覚えています。
そこで妊娠線の予防方法について調べたところ、急激な体重の増加に気を付けること・肌の保湿を十分に行うこと・妊娠線が出来やすい部位のマッサージなどが効果的とのことでした。

体重管理は妊娠中ずっと注意する必要がありますが、特に妊娠後期は体重もお腹も急激に大きくなりやすく、一層の注意が必要です。
私も妊娠中は体重管理を意識して注意していましたが、幸いと言って良いのか、妊娠期間は初期も安定期も後期も完全に体調が優れることがなく、結果的に急激に体重が増えるようなことはありませんでした。
続いて、妊娠線対策として肌の保湿も徹底して行っていました。
肌は乾燥状態だと断裂しやすくなり、妊娠線が出来やすくなるそうです。