妊娠線が出来なかった私の、妊娠線の予防方法を紹介

体重増加に注意し一般の保湿クリームで入念にケア

妊娠線は一度できてしまうと完全に消えないので予防が大事体重増加に注意し一般の保湿クリームで入念にケア保湿ケアのおかげで妊娠線を作ることなく出産を迎えられた

よって、継続した保湿ケアが欠かせないとのことでした。
ネットで調べると、妊娠線専用の保湿クリームやオイルなどがたくさん販売されています。
ただ、専用の保湿剤となると一般的な保湿クリームよりも費用が高めで、その点が少し気になりました。
そして購入しようか迷ったのですが、大切なのは肌をきちんと保湿することだと気が付き、結局専用ではない市販の一般的な保湿クリームを購入しました。
クリームはケチらずにたっぷり使うことが大切なので、値の張る保湿剤だと、私の場合は使う量に気を遣ってしまいます。
そのことから、気兼ねなく使えてコストパフォーマンスが良いクリームを選びました。
保湿ケアは妊娠初期から始め、特に乾燥しやすい冬の期間は1日に2〜3回クリームを塗り直していました。

【妊娠線の予防方法】妊娠線ができてしまった失敗談と、予防に成功した体験談https://t.co/3dcihEtDGY
#子育てのミカタ #妊娠 #プレママ
妊娠線ができてしまったママと、できなかったママ。
違いは何だったのでしょうか?

— 子育てのミカタ編集部(公式)/子育て体験談が集まるWebメディア (@kosodate_mikata) August 15, 2020
絶対に妊娠線を作りたくなかったので、当時は本当に必死です。
自分でできる対策はすべて行おうと決めていました。
そして最後に、妊娠線が出来やすい部位にはマッサージも行っています。
これは保湿クリームを肌に塗りこむ際に一緒に行っていたのですが、クリームを塗って滑りが良くなった肌に手を当て、軽くマッサージをしていました。
そうすることで肌がやわらかくなり、伸びやすくなるそうです。
1日、2日ですぐに肌がやわらかくなるわけではありませんが、毎日続けてケアしていくことが大切なのだと感じています。