妊娠線が出来なかった私の、妊娠線の予防方法を紹介

保湿ケアのおかげで妊娠線を作ることなく出産を迎えられた

妊娠線は一度できてしまうと完全に消えないので予防が大事体重増加に注意し一般の保湿クリームで入念にケア保湿ケアのおかげで妊娠線を作ることなく出産を迎えられた

以上のような妊娠線の予防方法を実践していったところ、私の場合は一切の妊娠線ができることなく出産を迎えることができました。
お腹がどんどん大きくなるたびに妊娠線が出来ないか不安な気持ちがありましたが、何とか出産まで持ちこたえてくれました。
本当に良かったです。
どんなに対策をしても、体質などによっては妊娠線が出来てしまうことがあるようですが、それでも一切の対策をしていないのと行っているのとでは、妊娠線の出来やすさに違いはあると思っています。
なので妊娠線を作りたくない場合は、出来る限りの予防を行うことをおすすめします。
ちなみに、妊娠線ケアとして使っていたクリームは、産後も使うことができます。
産後はホルモンバランスの乱れによって肌が乾燥しやすいですし、伸びてしまったお腹の皮を元に戻すためにも、肌をきちんと保湿して良好な状態に保っておくことは大切です。
産後のケアにも保湿クリームは必須ですので、妊娠中から使い勝手の良いクリームをたっぷり用意しておくことをおすすめします。